Z32 クラッチ交換

 

今回ご紹介するガレージR&Dの作業事例は、Z32のクラッチ交換です。

まずは作業に邪魔なマフラーを取り外します。
が、ネジが錆びて噛んでます なので焼いてから外します。

こんなの沖縄では日常茶飯事。

焼いて熱膨張させてナット類は回します。
ホラッ、ご覧の通りマフラー外れました

スッキリした所でこれからクラッチを取り外します。

ようやく外れました。

そして中も真っ黒です。

清掃後はホラッご覧の通り。

クランク・リアシールからのOIL漏れ。

新品のリアシールと取り換え。

レリーズ・ベアリングも新品と取り換えます。

そして新品のクラッチ板。

後はドンドン組んでいきます。
まずはフライホイールから。

そして新品のクラッチ板を取り付け。

プロペラシャフトもつなげてと・・・

マフラーも元に戻して、後はセンサー類を取り付け完成です。

 

このコーナーでは、過去10年分のガレージR&Dのブログから、個別作業の模様を抜粋し、メーカー別・車種別・作業内容別などでサイトに訪れた方に見やすく整理して掲載してゆくコーナーです。ガレージR&Dの丁寧かつ豊富な実績を惜しみなく公開してまいりますので、地球上の自動車整備における参照にして頂ければ幸いです。

 

関連記事

  1. アルトWORKS 整備点検
  2. メルセデスC32 点検整備&部品交換
  3. ダイハツ ムーヴ 点検整備
  4. トヨタ ファンカーゴ 部品交換
  5. ダイハツ ムーヴ L900S 点検整備
  6. トヨタ ハイエース ヘッドライトHID化
  7. ダイハツ ムーヴ 部品交換
  8. ダイハツ ムーヴ タービン交換
PAGE TOP