ホンダ ライフ オールペン

life-ap

今回ご紹介するガレージR&Dの作業事例は、ライフのオールペンです。

まずはボディ本体塗装の前にボンネット・バンパー・ドアミラーなどのパーツ類から塗装していきます。

ブース内に、これから塗装するパーツ類をセットしていきます。

小物は吊り下げ。勿論、細かいトコロはマスキングしてあります。(これは常識ね

今回はオリジナルカラー 名付けて、シロガネーゼ・パープルシルバー!

色合わせの打ち合わせだけでも、丸二日足を運び決めたカラーです まずは、いつものように軽く吹付け。

そして重ね塗りで色の深みや厚みを増していきます。この重ね塗りの工程が大事!

残りの部分のマスキング。

細かい所も見逃さないでマスキングしないとね。塗料の細かいミストは、ホント些細な部分からも侵入します

塗るべき部分と塗ってはイケナイ部分をマスキングにてガードします。

大変な作業だけど、これを怠ると仕上がりに差が出るんです

いよいよ、オールペン開始です

初めはいつものように軽く塗って、その上に重ねていきます。色は勿論、婦人オリジナルカラーのシロガネーゼ・パープルシルバーです

どうですか?

重ね塗りした違い判ります?

まだまだ、この上に色を重ねていきますよ

どうです 最終仕上げ。

これにクリアー吹いていきます。

これも1回じゃあダメ。重ね塗りが基本です。

どうですか?仕上がりました

ピッカピカでしょ

そして、取り外しておいたパーツの組み付け、からの、ボディのバフがけ。

室内清掃・洗車そして完成しました

どうです?この色合婦人オリジナルカラーです。

頑張ったかいあって最高の出来具合です。色の発色もキレイです。

オリジナルカラーで作りましたが、この色ナカナカいいかも

こちらは納車時にあわせてプレゼントした愛車のオリジナルカレンダー♪

 

このコーナーでは、過去10年分のガレージR&Dのブログから、作業工程の模様を抜粋し、メーカー別・車種別・作業内容別などでサイトに訪れた方に見やすく整理して掲載してゆくコーナーです。ガレージR&Dの丁寧かつ豊富な実績を惜しみなく公開してまいりますので、地球上の自動車整備における参照にして頂ければ幸いです。

関連記事

  1. life ホンダ ライフ エアロ取り付け
  2. move-bs ダイハツ ムーヴ 防錆処理
  3. alt-ts スズキ アルト 点検整備
  4. fit-br ホンダ フィット ベアリング交換
  5. msd-c32 メルセデスC32 点検整備&部品交換
  6. z32 Z32 クラッチ交換
  7. msts ダイハツ ムーヴ 点検整備
  8. max^alt ダイハツ MAX オルタネーター交換
PAGE TOP